人気ブログランキング |

蝶のように舞い蜂のように刺す!


by aurola_thequeen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

夏休み@清里 その1(フィールドバレエ鑑賞)

月曜、火曜と夏休みを使って清里へ行ってきた。

目的はこれ
噂にはきいていたけど、誘われなければきっと自分からは見に行くことはしなかっただろう。
いっしょに行く人の予定がなかなか合わず、なんとか最終日のコッペリアを見に行くことにした。
コンクール入賞者も何人かいるようなところだから、レベルは高いだろうと思っていたが・・・
そのとおりでした。
まず、コールドがほとんど休みなくバリバリ踊るのでビックリ。しかも、腕や脚の角度もほとんど同じで、踊り方もいっしょ。相当厳しい訓練なのでしょう。
プリマの方は50台とは思えない可愛らしさで、口を開けて見てしまった。
最終日ということで、フィナーレには花火が上がり、出演者がポアントのままで舞台から客席へ降りてきて、出口で観客一人一人にバラを渡していた。
バレエを客として見に行ってお花をもらってお礼を言われたのは初めてだ。
団の主宰の方と目が合うと、はっきりこちらを見て「ありがとうございました」と言われた。
約2週間の公演で、観客は延べ1万人。地元の人と観光客の割合は半々という。
観客約350人だった第1回からここまでの努力は並大抵のものではなかっただろう。
清里という郊外に野外のステージを作り、公演をし、客を呼ぶ。
たった一日の発表会の準備だって大変なのに・・・・・・
「こんなことをしてみたい」と言った人の勇気、「やりましょう」と実行に協力した人の力、本当に素晴らしいと思いました。

ありがとうございました。
・・・というのは観客としての言葉です。
アマチュアでも踊りをやっている者としては、
「容姿・テクニックともにあのコールドについていけるくらいのレベルになりたい」 
と思います。

世の中お盆。ふだんの稽古場は休みなので、今日は出稽古に行ってきます♪
by aurola_thequeen | 2004-08-13 13:11 | ballet