人気ブログランキング |

蝶のように舞い蜂のように刺す!


by aurola_thequeen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メタル・ヘッドバンガーズジャーニー

ひと月ほど前に、ハマさんをパワーアップさせてしまった映画。

監督のサム・ダン氏はほぼ同世代。「ヘヴィメタルってなんで嫌われるんだろ?」という素朴な疑問からこの映画ができた。アーティストを含むいろんな人をインタビューして回った一種の記録映画。
HR/HMのジャンルのくくりがかなり無理やりなところがあって笑えた。R・J・DIOのお宅拝見とか「メロイックサインは悪魔祓いの意味もあるんだ」というセリフとか、小ねたが面白い。
80年代から90年代初め、「BURRN!」誌でおんなじようなことを連載コラムで林洋子さんが書いていたっけ。説得力のある読ませる文体が好きで、毎回熱心に読んでいた。PMRCが「ヘヴィ・メタルは青少年に悪影響を与える」とアーティスト相手に裁判を起こした事件もよく覚えている。
その裁判でディー・スナイダー(TWISTED SISTER) が被告席で発言する映像があった。
メモを片手に理路整然と発言する様子に原告が目を白黒させているのがおかしい。ディーは(TSのあの様子からは想像しづらいけど)ホントにクレヴァーでクールな人だ。
ブラックメタルとか、ドゥームメタル、デス系はいやがる人も多い。実際教会に火つけちゃったノルウェーのブラックメタルバンド、MAYHEMなんて人もいるし・・・
もっと「ヘヴィメタルって合わない」って思ってる人にインタビューすれば、深みが出たんじゃないかなぁと思う。
「エレキギターの音がダメ」「轟音、爆音に耐えられない」「アルバムのアートワークが気味悪い」「おしゃれじゃない!」等々、女子にきけばいろいろ出てくると思うんだけどなぁ~

見終わったハマさんは

「俺はやっぱり間違ってなかった!!」

と大変機嫌がよくなり、鼻の穴をふくらませていた。
職場は服装自由なので、メタルTで行くと「なんだかなぁ」と言われることもあるらしい。
(Wカップ仕様のストーンズTを着ていったときにはさすがに呆れたが・・・)
「好きなんだからいいのだ!」はいごもっともでございます・・・

「メタル者は真夏でも黒T!」
を合言葉に、炎天下でも黒Tを着用し、汗まみれなのはもう(ry と思うけど(;・∀・)

そんなハマさんと次はこの映画を見てみたい。

こんどの日曜はHM SOUNDHOUSEもあることだし、ますますこのブログがメタルチックになる悪寒。





コルピクラーニ「世にもコルピな物語」
フィンランドからやってきた「旅メタル」バンド、6人編成のコルピクラーニの3枚目です。フィンランドの伝統的なフォーク・メロディを用いた、どこか懐かしい曲が魅力的。バイオリンやキーボードがひなびたのんきなメロディを奏でる傍ら、ギターはあくまで速く、ドラムはドカドカと。カイ・ハンセンがいた頃のHELLOWEENを彷彿させます(ほめすぎ?)

また、この邦題がすごいんだ。

1. 痛快!飲んだくれオヤジ
2. 戦場のコルピクラーニ
3. 呑めや、歌えや、夏休み
4. 黒鷲は飛んで行く
5. 萌えろ、春の舞
6. 森の木陰でクールビズ
7. 立ち上がれ!森の妖精コルピ軍団
8. 漢(おとこ)の勲章~コルピクラーニ編~
9. 妄想即狂曲
10. 夜の森は危険がいっぱい
11. いい旅、鳥気分

・・・よくつけたよねぇ(w iPodでこれを表示させたいです。LOUD PARKのメンツに入っているが、出演はヨーロッパツアーとかぶってて微妙みたいです・・・「メタル・スナフキン」一度見てみたいもんだ。

IRON MAIDEN "Powerslave"
ジムの帰り道はけっこう遅いので、一人のときはiPodで何か聴きながら、ときに口ずさんで帰ります。ハマさんのめたるバトンを読んだら、脳内メイデンスイッチが入ってしまったようで、毎日聴いてしまう。今日はPowerslave。

♪らーーーん りーぶとぅーふらぁぁぁい ふらーーーいとぅりぃぃぃーぶ
どぅーーおぁーーだぁぁい♪

近所迷惑にならないように気をつけながら、"Aces High"を口ずさむ女。
ギターソロまで歌っていることも・・・・♪だんだだんだだんだららんらーん♪

・・・通報されないように気をつけよう(;・∀・)

そのままのテンションで家に帰ると玄関先でゴリさん(ブルース・ディッキンソン)になってしまってハマさんを煽ってしまう。
「Donington,I Can't Hear You!」「まーたメイデン?」
by aurola_thequeen | 2006-08-24 18:00 | music