蝶のように舞い蜂のように刺す!


by aurola_thequeen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:music( 20 )

SOUNDHOUSEつづき

SHではみんな思い思いのTシャツを着ています。タンスの底から引っ張り出して来たようなもの、最近来たバンドのもの・・
JUDAS PRIESTのこの前の来日公演Tシャツがけっこういましたね。(カミソリ写真のやつ)
フロアでかかる曲はおなじみのもあればそうでないものもあって、あまりメジャーでない曲でスッと出て行くと(お?)と注目を浴びることも。
ヨーロッパの7 Doors Hotelがかかってハマさんがジョン・ノーラムになっているかと思いきや、ジョーイ・テンペストの形態模写をやっていました。
「俺の底力を思い知ったかぁあぁ!!」・・・ビデオになっている曲はほとんど覚えているそうです。ハマさん恐るべし。

宴も最後に近づくと、おなじみの曲がかかりだします。
カボチャのEagle Fly Freeで携帯電話片手に歌っていると、後ろでハマさんがヴァイキーになっています。
ラットのRound and Roundで踊って脇腹を痛くし、お約束のハノイロックス。
これも元ネタはPVなのですが、フロアに出てる人全員で肩を組み、輪になってラインダンスのように脚を上げて踊ります。
知らない人もカモン。あぶれている人には腕を差し出して、輪がどんどん大きくなっていきます。
ツバキハウス時代からの伝統で(せっかくここで知り合った同志、仲良くしようぜ!これからもよろしくね!)という意味のある動きなのです。
一人心細く参加している者にとってはびっくりすると同時になかなか感動するものであります。
帰り際、「楽しかったねー」と話し合っている女性2人連れに心の中で(12月もまた来てね~)とつぶやきました。

ただ一つ残念だったのが
[PR]
by aurola_thequeen | 2006-08-28 16:08 | music
東京新聞も取材に来ていました。HM SOUNDHOUSE。「ヘヴィーメタル・サウンドハウス」と読みます。
その名の通り、ヘヴィーメタルが大音量でかかっているディスコです。
80年代初めの新宿・ツバキハウスで毎週日曜日開催されていたのが、場所やかたち、頻度を変えて今年で25年。ここ何年かはクラブチッタ川崎で年1回、「メタル者の忘年会」という感じで年末に開かれていましたが、今年はうれしいことに夏もあるというではありませんか。
ハマさんと行ってまいりました。

当日朝から飲んだくれ、ちょっと昼寝のつもりが気がついたらもう4時。
「ガーガーいびきかいてる場合じゃないぞ!」とたたき起こされました。
「1曲目間に合わないな・・・」 1曲目(Ides of March/IRON MAIDEN)なんていつも同じじゃん、とはとても言えない雰囲気。「これがコンサートだったら置いていってるぞ」と怒られながら川崎へ到着。

会場に入るともうかなりの人。いつもここで会う、よく見る顔ぶれが揃っています。
名前も素性も知らないけど、いつも同じバンドのTシャツを着てくるあのお兄さん。
MSGがかかると誰よりも早く前に出て、エアギターを決めまくるあのお兄さん。
スレンダー美人のお姉さんが実はゴリバリのスラッシャーだったり。
昼間は何やってんだろ・・・?と思わせるステキな長髪で、パッチだらけの革ジャンを着込んだお兄さん2人組。
ドラァグクイーンのおネエさん。レースのドレスのお姉さんはモトリー大好き。
子供連れの人も居ます。そうかと思えば、初めて来たらしい高校生の2人組。
最初はオドオドと壁にくっついていましたが、AVENGED SEVENHOLDがかかると大喜びでフロアに出て行きました。
ここに来たら楽しまなきゃ損ですよ。あっメタリカ!Creepin' Death!
「ちょっとビール持ってて!」隣の連れに缶ビール預けてフロアに急ぎます。
自分の好きな曲がかかったらイントロクイズ状態でフロアへ。ヘドバンして拳突き上げて思い思いに体動かして、曲が終わったらすーっとフロアを譲る。
後ろを向くとハマさんがJ.ヘットフィールドになりきって、がに股でうつむいてエアギター弾いてます。「いっつもかかるってわかってるんだけどさぁ、やっぱ前に行っちゃうんだよなぁ」

私たち客は、DJ席からはどう見えるのかしら。
今日の伊藤さんはTシャツを何枚も着替えてノリノリでした。

今日、フロアに出た曲。(うろ覚え)



☆ セーソクさん前編
Ace of Spades/MOTERHEAD
Creepin' Death /METALLICA
Thunderstruck/AC/DC

☆ ゲスト大貫氏
The Stealer/FREE
Rock'n'Roll/LED ZEPPELIN
Seven Seas of Rhye/QUEEN
Smokin' in the Boy's Room/MOTLEY CRUE
Toys In The Attic/AEROSMITH
Stone Free/Jimi Hendrix


☆ 酒井さん
All in the Name of.../MOTREY CLUE
Live Wire/MOTREY CLUE
Green-tinted 60's Mind/MR.BIG
Backstreet Symphoney/THUNDER
Forever/Y&T
Burn/DEEP PURPLE

☆ セーソクさん後編
Master of Puppets/METALLICA
Jonestown Mind/The Almightys
We're Not Gonna Take It/TWISTED SISTER
Number of the Beast/IRON MAIDEN
Hellion~ Electric Eyes/JUDAS PRIST
Bad Reputation/THIN LIZZY
Eagle Fly Free/HELLOWEEN
Round and Round/RATT
Up Around the Bend/HANOI ROCKS
Angels of Death/SLAYER
Anarchy in the U.K/MOTREY CLUE



今日はひとまずこれにて・・・ (つづく)
[PR]
by aurola_thequeen | 2006-08-27 23:05 | music
ひと月ほど前に、ハマさんをパワーアップさせてしまった映画。

監督のサム・ダン氏はほぼ同世代。「ヘヴィメタルってなんで嫌われるんだろ?」という素朴な疑問からこの映画ができた。アーティストを含むいろんな人をインタビューして回った一種の記録映画。
HR/HMのジャンルのくくりがかなり無理やりなところがあって笑えた。R・J・DIOのお宅拝見とか「メロイックサインは悪魔祓いの意味もあるんだ」というセリフとか、小ねたが面白い。
80年代から90年代初め、「BURRN!」誌でおんなじようなことを連載コラムで林洋子さんが書いていたっけ。説得力のある読ませる文体が好きで、毎回熱心に読んでいた。PMRCが「ヘヴィ・メタルは青少年に悪影響を与える」とアーティスト相手に裁判を起こした事件もよく覚えている。
その裁判でディー・スナイダー(TWISTED SISTER) が被告席で発言する映像があった。
メモを片手に理路整然と発言する様子に原告が目を白黒させているのがおかしい。ディーは(TSのあの様子からは想像しづらいけど)ホントにクレヴァーでクールな人だ。
ブラックメタルとか、ドゥームメタル、デス系はいやがる人も多い。実際教会に火つけちゃったノルウェーのブラックメタルバンド、MAYHEMなんて人もいるし・・・
もっと「ヘヴィメタルって合わない」って思ってる人にインタビューすれば、深みが出たんじゃないかなぁと思う。
「エレキギターの音がダメ」「轟音、爆音に耐えられない」「アルバムのアートワークが気味悪い」「おしゃれじゃない!」等々、女子にきけばいろいろ出てくると思うんだけどなぁ~

見終わったハマさんは

「俺はやっぱり間違ってなかった!!」

と大変機嫌がよくなり、鼻の穴をふくらませていた。
職場は服装自由なので、メタルTで行くと「なんだかなぁ」と言われることもあるらしい。
(Wカップ仕様のストーンズTを着ていったときにはさすがに呆れたが・・・)
「好きなんだからいいのだ!」はいごもっともでございます・・・

「メタル者は真夏でも黒T!」
を合言葉に、炎天下でも黒Tを着用し、汗まみれなのはもう(ry と思うけど(;・∀・)

そんなハマさんと次はこの映画を見てみたい。

こんどの日曜はHM SOUNDHOUSEもあることだし、ますますこのブログがメタルチックになる悪寒。

久しぶりに本日の通勤BGM
[PR]
by aurola_thequeen | 2006-08-24 18:00 | music
年度末(仕事)と舞台稽古(バレエ)の合間を縫って、ドームに行って来ましたよ。
・・・我ながらよくやると思うわ(;・∀・)
仕事が終わってこのTシャツに着替え、ドームへ。
取り急ぎセットリストのみあげておきます。突っ込み歓迎。5と6で泣きました。

1. Jamping Jack Flash
2. Let's Spend The Night Together
3. She's So Cold
4. Oh No Not You Again
5. Sway
6. As Tears Go by(アコースティック)
7. Tumbling Dice
8. Rain Fall Down
9. Night Time Is The Right Time
10. This Place Is Empty (KEITH)
11. Happy(KEITH)
12. Miss You(B-Stage)
13. Rough Justice(B-Stage)
14. Get Off Of My Cloud(B-Stage)
15.Honkey Tonk Women
16. Sympathy For The Devil
17. Paint It Black
18. Start Me Up
(Encore)
19. Blown Sugar
20.You Can't Always Get What You Want
21. Satisfaction


では、舞台稽古に行って参ります。夜が長いぜ。アサ君のマーシャルでたかったよ~(;o;)
[PR]
by aurola_thequeen | 2006-03-23 12:50 | music

iPodの中身

その気が無いときはほったらかしだが、突発的に書きたくなるとガンガン投稿するのが、穴クオリティ。またまた音楽ネタ行きます。

iPodを手に入れて、1ヵ月半経った。最初は何がなんだかわからなかったが、試行錯誤のうちに、普通に音楽を聴く分には問題なくなってきた。30GBの容量のうち、4.5GBほどが埋まっている。
ハマさんと私の共有財産である音楽CDは、ゆうに1000枚を超える。9割5分まで洋楽(メインはHR/HM)で、残りはクラシック(バレエ音楽、バロックなど私のもの)と邦楽(渡辺美里、椎名林檎、RCサクセションなどこれもほとんど私のもの)全部入れるわけにもいかないので、Aから始めて、2枚組LIVE盤やベスト盤を片っ端から入れていくことにした。朝起きて何枚、夜に充電しながら何枚と・・・
以下、入れてるアーティストを羅列してみます。

AC/DC,AEROSMITH,Andrew W.K,ANGRA,BON JOVI,The DARKNESS,David Bowie,DEEP PURPLE,DEF LEPPARD,DURAN DURAN,EUROPE,FIGHT,Gary Moore,GREAT WHITE,Hall&Oats,HELLOWEEN,HOOTERS,INXS,IRON MAIDEN,Janis Joplin,JOURNEY,JUDAS PRIEST,KISS,MANOWAR,Marylin Manson,MEGADETH,METALLICA,MOTLEY CRUE(ウムラウト出ない),MR.BIG,The OFFSPRING,Ozzy Osbourne,Pink Floyd,The POLICE,PRETTY MAIDS,QUEEN,QUEENSRYCHE(これもウムラウト出ない),RAINBOW,The ROLLING STONES,SKID RAW,TNT,TOTO,U2,VAN HALEN,Yngwie J.Malmsteen

いじょ。2月9日12時現在。
きのうはPとQを入れてました。
JからNあたりが入っている棚の前に、ハマさんの荷物が置いてあって開けられず、ちょっと手薄です。毎日「何を入れよう・・・」と寝しなに悩んでいると、ハマさんがぬーっと顔を出して「明日起きれなくなるからもう寝なさい」と怒ります。

「N,N,Nがつくバンドってなんだろ・・・NOCTERNAL LIGHTS とNIGHTWISHは絶対でしょ・・あとはなんだ・・・?」
「NINE INCH NAILS・・?NAZARETH・・・?なわけないか」
「ナ、ナ、ナ・・・・・」
「♪ナイナイナイ、もーうとまらなぁいぃ~♪」と歌いだすハマさん。寝しなに笑わせるのやめれ。

今日はRだけど・・・レインボウもストーンズも入れたし、あとはなんだろ。ロイヤル・ハント?ZはZZ TOPに決まってるけど、先が長いなぁ。
[PR]
by aurola_thequeen | 2006-02-09 13:03 | music

2005 HR/HM LIVE 総括

ひさびさの音楽ネタ行きます。
手帳を整理しがてら、去年はどれだけLIVEに行ったのかチェックしてみた。

(1) 3/17 ANGRA+NIGHTWISH
(2) 5/18 JUDAS PRIEST
(3) 5/29 DIO+SPIRITUAL BEGGARS
(4) 10/27 QUEEN with PAUL ROGERS
(5) 11/20 MOTLEY CRUE

の5本。たくさん行ったような気がするけどこんなもんか?
駆け足で振り返ってみます。(2),(3),(4)は以前レポしてるけど、残りと補足はハマさんやMaoたんにおまかせー♪

(1) エドゥうまかったなー。キコもかっこよかった。あのときはターヤが抜けるとは夢にも思ってなかったよ。
(2) 鋼鉄神の帰還に涙。何回も胸がジーンとしました。DVDになったんだよね。買わなくちゃ。
(3) このときのDIOも、ただならない盛り上がりだったなー。いいモン見た。
(4) 言わずもがな。賛否両論あるけど、私は支持します。
(5) 40過ぎておバカさんでもいいんだ!と、トミー・リーを見て思った。ニッキーのカッコよさは永遠なり。わしももっと身体を絞ってナスティ・ハビッツ(注:クルー専属の、爆裂ボディをしたナースコスプレのコーラスお姉さん2人組)をめざすぞ!

今年のLIVEはこれからです。
カボチャも行きたいけど日程が合わなくて無理そうだ。残念!
3/22のストーンズと4/8のBON JOVIのチケットを買いました。
GWのTOTOは迷ってます。次回があるのかどうかわかんないからねぇ。スティーブ・ルカサー拝みに行くかなー。あと、JOURNEY来るのかな。新しいVoもうまいからね。
ハマさんがDARKNESSに行くらしいので、都合が合えばついていこうかな。腰くねらせるジャスティンを、怖いものみたさで・・・

都内に住んでるからこれだけ行けるんだよねぇ。仕事もノルマがなくて、個人の頑張り次第で残業しなくてすむところだから行けるんだよねぇ。4月の異動で地方に飛ばされないことを祈ろう・・・ ま、今年もハマさんの後にくっついて、行きまくるぞっと!Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ

とりあえず、そろそろiPodのプレイリストに、JOVIとストーンズの予想セットリストを作って、予習しなきゃね♪
[PR]
by aurola_thequeen | 2006-02-08 12:51 | music

iPodがやってきた!

去年の話ですみません。

我が家もいちおうクリスマスプレゼントの交換をしました。
ハマさんにはPSPの白いの。 + ゲームソフト「モンスターハンターポータブル」
私はiPodの30GBバージョン。

やったぁあぁあぁあぁ~~ iPodゲット ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!
これね、すごいですよ。動画がキレイ!!!ヤバイくらい画質(・∀・)イイ!!
音のほうは、CDライブラリ(とっくに1000枚オーバー)から、ベスト盤や2枚組ライブ盤を片っ端から入れております。
もっと使いこなせるように、テクニックを勉強しなければ。

ジムでバイク漕いでる時に使ってると、さっそくトレーナーさんたちが寄って来ます。
「えぇえぇえぇ~!!ご主人からクリスマスプレゼントですかっ!うらやましい!!」
「いいなぁ~~ どれくらい入るんですか?」「俺も欲しい~~~」
アサ君も目をキラキラさせています。「自分は黒が欲しいんですよーーー」
映画鑑賞が趣味の彼なら買いでしょう。早めに買って欲しいものです。

毎日いっしょのiPod,大事に使います。ハマさんどうもありがとう♪
[PR]
by aurola_thequeen | 2006-01-11 13:02 | music
昨日は仕事を早く切り上げて、さいたまさいたま・・・とクイーン(とポール・ロジャース)を観に行って来ました。かなりさいたま寄りのうちの職場からも1時間はゆうにかかるさいたまスーパーアリーナ。遠いわー。
「さいたま新都心」駅からデッキ直通で道順は楽勝。早く出られた分、ハマさんリクエストのTシャツも買おうと、まずは物販の列に並ぶ。17:20の時点で50mほどの列だったので、15分ほどでバリケード内に入れた。しかしタオルをはじめ、売り切れグッズが多い。日本限定ツアーTシャツも軒並み売り切れ。
開演より1時間以上早く入ったので、ドトールのホットドッグで腹ごしらえし、WCで買ったTシャツに着替える。18時半ごろには席がだんだん埋まってきた。バラエティに富んだ年齢層で、高校生2人組がいれば、60代くらいの親と30~40代くらいの子供という組み合わせ、家族連れも多い。黒Tメタル者率は低く、クイーン以外のミュージシャンTシャツを着ている人というと、VAN HALENやストーンズだったりする。

AC/DCの"Hells Bells"でボリュームがぐっと上がり、客電が落ちるとBGMはエミネムになった。
幕が落ちてポールが現れ、"Reaching Out"から"Tie Your Mother Down"をブライアンといっしょに歌う姿に、客席はやや戸惑い気味。まぁ無理もないでしょう。「ポール・ロジャースって誰?」っていう人もいるだろうし・・・
初日の"Bad Company"の代わりに"Fire And Water"が入った。ハマさんと「これが聴けただけでも今日は来た価値がある」とうなずきあう。クイーンの曲リストは変えないで、自分の持ち歌でバリエーションをつけたいということだろう。

ブライアンの歌う"Love of My Life"と"Teo Toriatte (Let Us Cling Together)"は涙ものでした。タオルで目頭を拭う人が何人もいました。私もジーンときたり歌ったりセットリストをメモしたり、忙しかった。このあたりから、やっとステージと客席に一体感が出てきました。

"Hammer To Fall"はアルバムと同じように威勢良く始まるのが良いと思うけど・・・アコースティックはあまり合わないんじゃないかなぁ。高音域も出て歯切れ良く歌えるフレディに比べれば、ポールはブルーズ寄りで、中音域で渋くゆったり歌うのが得意。・・・ということは(絶対やらないだろうけど)"Mustapha"とか"Under Pressure"はちょっと厳しいということか。
ロンドン市街の映像をバックにしたGソロで"Brighton Rock"のリフが入ったのでw(゚o゚)w オオ?と思うがリフだけだった。" '39"や"I'm In Love With My Car"は地味な曲だから、客席が静かになってしまったのもしょうがないかなぁ。"Radio Ga Ga"からまた盛り上がりだした。 最初のドラムで誰もが歓声をあげる。緑のライトがきれい。♪All We Hear Is Radio Ga Ga ,Radio Gu Gu, Radio Ga Ga♪のサビで両手を叩いて上へ。ジョン・ディーコンのクセのあるベースが聞けないのが残念だ。盛り上がったまま、BAD COMPANYのヒット曲"Can't Get Enough",FREEの"Wishing Well"へ。私にとって"Wishing Well"はゲイリー・ムーアバージョンの方がなじみあるのだが・・・
そして"I Want It All"。この頃になると「次に来るのはあの曲か、この曲か・・・」と思い巡らすようになる。気がつくと、歌いながら合掌していた。フレディのいたQUEENのLIVEを観ることはできなかったが、今ここでブライアンのギターを聴くことができた。「フレディ不在のQUEEN」に、最初は正直抵抗があったが、このときは素直に「来てくれてありがとう」と思えた。

やがて正面のスクリーンに、ピアノを弾く生前のフレディの姿が映し出された。
テープによるフレディの声に合わせてブライアンが"Bohemian Rhapsody"を歌い始めると、客席からため息とどよめきが広がっていった。来日時の芝公園でのお茶会のフィルム(有名ですね・・・)がモノクロで流れ、神妙に座っているフレディや、はにかむロジャーの若い姿。今となっては涙なしでは見られない・・・曲調が変わったところでポールの力強いヴォーカルが入った。最後、♪Nothing Really MattersTo Me~♪と客席に歌わせ、本編終了。
やんやの大喝采。

アンコールはフレディのソロの"I Was Born To Love You"。最近ドラマの主題歌に使われてリバイバルヒットしたので、よく受けている。これもアコースティックが似合わない曲だ。やっぱりオリジナル通り、キーボードと分厚いコーラスがあれば十分だと思う。そして"Show Must Go On" いつも涙なしでは聴けない曲のひとつ。そのあと"All Right Now"でまたノリノリになり、今や誰もが知っている、"We Will Rock You"と"We Are The Champions"で終了。
追い出しのアウトロはお約束の"God Save The Queen"。2時間20分、圧倒された素晴らしいショウでした。

振り返って思うのは、無理して「フレディの真似」をしなかったポールのやり方は当たりだったということ。いたずらに似せようとすれば、往年のファンの失笑と怒りを買うだけであったろう。
70年代、日本で大人気だったころからのファンの方々には、いろいろ思うところもあるでしょうが、「行って良かった」と思いました。終わってからしばらく経ちますが、我が家ではQUEEN祭りが続いております。大晦日にフジテレビ721で来日公演の放映が決まりました。今から楽しみです(*^^*)


セットリスト
(イントロ~ エミネム)

1. Reaching Out
2. Tie Your Mother Down
3. Fat Botommed Girl
4. Another One Bites The Dust
5. Fire And Water
6. Clazy Little Things Called Love
7. Say It's Not True (ロジャーVo)
8. '39
9. Love of My Life
10. Teo Toriatte (Let Us Cling Together)
11. Hammer to Fall
12. Feel Like Making Love
13. Let There Be Drums (ロジャーDsソロ)
14. I' m In Love With My Car
15. ブライアンGソロ~ Last Horizon
16. These Are the Days of Our Lives
17. Radio Ga Ga
18. Can't Get Enough
19. Kind of Magic
20. Wishing Well
21. I Want It All
22. Bohemian Rhapsody

【アンコール】
23. I Was Born to Love You(アコースティック)
24. The Show Must Go On
25. All Right Now
26. We Will Rock You
27. We Are The Champions

(アウトロ~ God Save The Queen)


緑字の曲は、BAD COMPANY やFREEなど、ポールの持ち曲。・・・全27曲で約2時間20分のショウ。圧巻でした。
[PR]
by aurola_thequeen | 2005-10-28 13:01 | music
初めてのZEPP TOKYOで、SPIRITUAL BEGGERS&DIOのLIVEを観てきました。
スピベはARCH ENEMYのマイケル・アモットが作ったバンド。家に唯一ある"DEMONS"を固め聴きして予習に代えました。
ハマさんが「絶対良いから聴いてみなさい」としつこく勧めた理由がわかった。
つまり70年代サバス(オジー在籍時)とディープ・パープル(イアン・ギラン在籍時)をリスペクトしているのがはっきりわかるんですよ。なので、DIOとカップリングツアーするのはちっともおかしくないのでした。
なかなかこなれたステージングで安心して観ていられました。明らかにDIO目当ての客が多かった中よく頑張ったと思います。
セットリスト探したけどどうも見当たらないので割愛させていただきますm(__)m

20分ほど休憩を挟んでいよいよDIO登場。
私は完璧に後追いなので、メタル界のサブちゃんことロニー・ジェームズ・ディオは初見なのだ。RAINBOWで一番好きなのが、彼とリッチー、コージーが在籍していた時期(いわゆる三頭政治時代)なのだが・・・
登場しただけで場内から「ウォーーーーーッ!!」というどよめき。あちこちから上がるメロイックサイン。
往年の名曲が演奏されると空気がいっそう熱っぽくなった。"Don't Talk to the Strangers"をやってくれたのがうれしかった。たぶん私が初めてDIOを知った曲。
次が「銀嶺の覇者」これはできればRAINBOWのLIVEバージョンで聴きたかったなぁ~ 続いて"Long Live Rock'n'Roll"かなりの人が歌っていた。サビの部分で客席を分けて歌わされる。いやあうれしい。一曲おいて「バビロンの城門」、サバスの"Heaven And Hell"とくればもうみんな大喜びだ。サバスの曲がこれだけというのはちょっと寂しかったけど、とても良いショウだったと思います。往年の名曲が生で聴けたのもうれしかったし、何よりロニーの張りのある声に圧倒されました。
終盤、ロニーが「それ、フラッグ?ちょっと見せて・・・あ、もらっていいの?」と前列の客からきれいなフラッグをもらっていた。するとあちこちからフラッグが出てきて、しまいにクレイグ・ゴールディが背中に指していた(w 今でもフラッグ作ってくる熱心なファンがいるんだなぁ・・・と暖かい気持ちになりました。
さて、これから復習だー。

【5/29 DIO セットリスト】
1.Killing The Dragon
2.Egypt
3.Stargazer
4.Stand Up And Shout
~ドラムソロ (ウィリアムテル序曲)~
5.Holy Diver
6.Sunset Superman
7.Don't Talk To The Strangers
9.Man On The Silver Mountain
10.Long Live Rock 'n' Roll
11.Shivers
12.Gates Of Babylon
13.Heaven And Hell
14.Rainbow In The Dark
15.The Last In Line

~encore~
16.We Rock


復習ビデオ
[PR]
by aurola_thequeen | 2005-05-31 17:18 | music
"Painkiller"が終わった。コールにメンバーが応える。にこやかに袖に捌けてから、ほどなく(照明も一部ついたまま)ロブがハーレーに跨ってステージへ。お約束でも観客大喜び。ロブはハーレーに跨ったまま"Hell Bent For Leather "を歌う。ベースを振り回すイアン、ステージぎりぎりまで出て技を誇示するグレン、客を煽るケンちゃん。みんなそれぞれにカッコイイ。
そして"Living After Midnight "。夜更かしソング。客席はお祭り騒ぎ。ロブが客席に歌わせ、フレディ・マーキュリーのように客席と掛け合いを楽しむ。今日はビシッと決まってロブが(なかなかやるな)という顔をした。本当に本当にこれで最後、"You've Got Another Thing Comin' "サビの部分は客席にマイクを向け「今日はカメラが入ってるから、このマイクに音が入るように、みんな心して歌ってくれよ!」とロブが言う。今日の映像がDVDになったら、売れるに違いない。今日のようないいお客さんに囲まれたのは久しぶりだ。ロブが寂しそうに「アリガトウ、ブドーカン、トキオ、サヨナラ」と言い、深々と頭を下げた。グレンが耳に手を当てながらステージを横切る。ケンちゃんことKKは両手を思い切り振って応え、スコットも降りてきて、肩を組んでみんなでレベランス。拍手と歓声が鳴り止まなかった。

すばらしいショウですばらしいオーディエンスでした。
5人の神ときのう居合わせたみなさんに「ありがとう」と言いたいです。
JUDAS PRIESTが生きている限り、ヘヴィメタルは死にません。
幸せな2時間あまりでした。Thanx for ALL!

セットリスト
The Hellion ~ Electric Eye
Metal Gods
Riding On The Wind
The Ripper
A Touch Of Evil
Judas Rising
Revolution
Hot Rockin'
Breaking The Law
I'm A Rocker
Diamond & Rust
Worth Fighting For
Deal With The Devil
Beyond The Realms Of Death
Turbo Lover
Hellrider
Victim Of Changes
Exciter
Painkiller
=====Encore=====
Hell Bent For Leather
Living After Midnight
You've Got Another Thing Comin'

[PR]
by aurola_thequeen | 2005-05-19 23:34 | music