蝶のように舞い蜂のように刺す!


by aurola_thequeen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

芸大美術館とイナムラショウゾウ

「東京藝術大学創立120周年企画 パリへ―洋画家たち百年の夢~黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治から現代まで~」

芸大美術館に行って来ました。
同業者なんですが、ここもお役所ね~
いまどき閉館時間が17時までってないわよね~
おかげで午後半休ですよ。
ずいぶんきれいになっていました。
職員の皆様は常勤なのだろうか?それとも派遣さんかしら。
芸大にある作品を追っていくだけで日本洋画史の勉強ができてしまうというくらい、いろんな所蔵品があるので、たまに行くとなかなか面白いのです。
黒田清輝の「湖畔」のような、美術の教科書に載っているような絵、
明治の昔、油絵を学びに行った後の巨匠たちから、現在パリに住み、前衛芸術を作っている方々まで、興味深い展示でした(しかし、グロ画像があるなら前振りしてほしかった・・・)
フジタの「私の夢」「姉妹」の絵の前でしばしたたずむ。やっぱフジタはいいです。
小磯良平(?)の戦争画があり、「無期限貸与作品」となっていた。
今回は出ていなかったけど、藤田嗣治展の戦争画もそうなっていたな・・

芸大美術館に行くならここにも行かなくては!

「フランス菓子 パティシェ・イナムラショウゾウ」


谷中霊園脇の桜並木にひっそりたたずむ小さなお店。(有名店ですが)
ドアマンのいるケーキ屋さんて初めてでした。
「ご予約は承っておりますか?」ときかれてびびる。
美しくかわいらしいスイーツを前に長考・・・・
悩みに悩んだ末、「上野のお山のモンブラン」と「日本酒のムース」をお買い上げ。
モンブランが特筆すべきおいしさ!!マロンペーストとバニラの粒が入ったカスタードクリームがとにかくうまい。大きくてちょっと食べごたえがあるけれど、甘ったるくなくておいしいです。
日本酒のムースも吟醸酒っぽい華やかな薫りがふわぁっと広がっておいしゅうございました。
途中、高いシェフ帽をかぶったパティシェが厨房から出てきて挨拶してくれた。
あれが稲村さんだったのかしらん?
これからは、芸大に寄ったらもれなくこちらにも行くことにします!
[PR]
by aurola_thequeen | 2007-06-01 18:07 | museum arts