蝶のように舞い蜂のように刺す!


by aurola_thequeen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近のバレエ

元の職場に戻って1年が過ぎ、だいぶ様子が分かってきました。
とりあえず夏は余裕があるのでバレエを週3回に戻しました。
ずっと週1回で様子を見てきたけど、「これがなまるってことなのか・・・・」としみじみ。
グランバットマンは上がらないし、順番が頭に入らなかったり、「これはできないかもしれん」と思ったところでそのとおりに間違えたり、あとは1回空くと2週間にいっぺんになってしまうのがつらかったです。
先生が気の置けない大人の生徒(もともと先生のお友達」に言っていました。

「週1回とかでチンタラやってたんじゃうまくならないわよ」

ああ、これが本音なんだなぁと(w
言われていた人は歴2年くらいの方でしたが、「体育会系的ノリ」が先生に気に入られて手取り脚取り教えられてます。ポアントもはくことになったけど、はいてるところ見たことないなぁ・・・
先生としてはうまくさせたいんだろうなぁと。
あんまり人のことを気にしていても仕方ないので黙々とやると、前みたいにガツガツしてないせいか、落ち着いて音が聞こえるようになってきました。
リズム感がないうえに難しいことやったらもう∩( ・ω・)∩です。
が、アダジオで(カンブレをして4で頭が下で8で起き上がって来て次の4カウントでパッセしたら4カウントでデヴロッペ・・・)とカウントで覚えられるようになって来ました。やれやれ。

「音を取れるようになってきたね!」とほめられるようになってきた矢先のこと。

アッサンブレ・ストゥニュー4回とピケ・アンデ・ダン4回の繰り返しをやっているとき、「ゆっくり回りたい人は後に下がってね」と言われたので後ろに下がったら、高校生たちが戸惑って順番がぐちゃぐちゃになってしまった。とたんに落ちる先生の雷。

「なにやってんのよ!」

娘っこたちが悪いんじゃない。巻き添えくわせてごめんなさい orz
アッサンブレ・ストゥニュー、早いと片足が浮いちゃったりしてきちんとできないのだ。
床を押してねじって立つのが間に合わない。かかとを出してアンデオールなんかできやしない。
・・・なので、ゆっくり回ってきちんとやる方を選んだら「その方がいいよ。やろうとしてることがわかるよ」と言ってもらえた。
うちはクラスは年齢別だし(中学生以上はいっしょくた)基本が年功序列なので、「大人は下手でも中学生の前」だったりするからキツイのだ。ふつう私は第二グループの一番前、アシスタント以外の大人では一番前がポジションなので・・・実力が伴わないってのはきついもんである。
センターで曲が流れている中で第一グループが終わってすぐ、ぱっと第二グループが入るとステキでしょ?そんなバレエ団的なレッスンを要求されるのは、リズム感のない私にはなかなかツライ( >Д<;)
縄跳びの縄に入るように、真剣に見てから入っているので、そばで見てたら可笑しいだろいうなぁ・・・

相変わらずアンデダン(ピケじゃないやつね)が苦手なのだが、曲がりなりにも立てるようになってきた。「自分を見くびらないように」と言われる。
「もっとできるはずだ」と思ってやるのとやらないのとでは全然違う、ということ。
足先をアンデオールにする、とか細かいことから、絶対にダブルを決めて見せるとかそういうテクニック的なことまで、いろんなことに効く魔法の言葉。

10月からはせいぜい週2回になってしまうけど・・・・頑張っていこうと思う。
[PR]
# by aurola_thequeen | 2007-08-27 00:56 | ballet

山口小夜子さん

日本のトップモデル山口小夜子さんが、急性肺炎のため亡くなりました。
57歳だそうです。独り暮らしのため、訪ねてきた人が発見したときにはもう息を引き取っていたとか・・・ 

a0028500_0591143.jpg

子供の頃、資生堂のCMだかポスターで知って、目が離せなくなってしまいました。
正直「コワイ」と思いました。
8頭身になった日本人形て感じで、いつも写真をまじまじと見ていました。
今風に言うと「前髪パッツンのおかっぱ」に、トレードマークの「切れ長の目」。
はれぼったい奥二重の目元にコンプレックスのあった私、目の周りがぐるぐるとアイライナーやアイシャドウで囲んであるのを見て(この人のスッピンの目元ってどんなかんじだろ)と想像していました。

「日本人でもこんなモデルさんが出るなんてステキねぇ、うらやましいわねぇ」と
雑誌「装苑」の愛読者であったジュリアがしきりにほめます。
「外人にはこの目がとーってもミステリアスなんだって」

「目つきが悪い」「睨まないでよ」などと言われ、ずいぶん悩んでいた私にとって、小夜子さんのあの目元は、一種の福音でした。そうか、大人になったらメイクでなんとかなるってこともあるかもしれない。この人だって目がほっそいけど、そこが良いという人がたくさんいて、世界的なモデルさんになってるんだから、いいって言う人だっているだろう。

約20年後、大人になった私は、アイラインを引くにも慣れて、自分の顔が嫌いでなくなるようなメイクをすることができるようになりました。
ある日バレエの帰り道、くりっとした目に長いまつげの高校生が言いました。

「アナさんの切れ長の目、私好き。うらやましい。マスカラがとっても映えるんだもの」

この言葉を、昔の自分に聞かせてやりたいと心底思いました。
山口小夜子さんがダンスやバレエが大好きで、最近は自分でも踊るんだと聞いて、いっそう好きになったのもちょうどこの頃です。
あんなきれいな人が、独特の妖精じみた雰囲気で舞ったらどんな踊りでもステキだろうなぁ、とダンスマガジンの記事を読んでいました。

・・・美人薄命ってこういうことを言うのでしょうか。
ご冥福を祈ります。写真集があったら見てみたいです。
[PR]
# by aurola_thequeen | 2007-08-21 01:51 | beauty?

いらない骨

仕事が少しずつ落ち着いてきたので、整形外科に行ってきました。
前から気になっていた捻挫癖を診てもらおうと思ったのです。
それじゃレントゲン撮りましょう、ということで、両足(足首から先)を上からと横から撮りました。
自分の足の写真って面白いですね~~~~
しげしげと見てしまいました。中足骨、太かったです(w

そしたら。
右くるぶしとかかとの間に豆粒くらいの骨が。
「外脛骨」といって、いらない骨なんだそうです。
「ダンサーズ・ヘルスケアブック」などで読んでいましたが、まさか自分が持ってるとは。
「アクセサリーみたいなものなので、痛くないなら心配は要りません」だって。
そして、左足の甲(ちょうど甲が始まるあたり)の骨の継ぎ目(距舟関節)の形が変なんだそうで。
普通の人は丸いのに、私のはとがっているのです。
「これも、昔からの積み重ねでできたんでしょう。今はまだいいけど、年をとってきたら痛くなるかも」

横のアーチが崩れがちなので、ふだんからアーチサポートを使うよう勧められました。
キネシオぐるぐる巻きじゃダメかしらん。「そんな靴はいてちゃダメですよ」
と指差されたのはドライビングシューズのようなスニーカー。
厚底のバスケットシューズみたいなものが良いらしい。
バレエをやってると言ってもイヤな顔ひとつされなかったのでほっとした。
「いちおう痛み止め出しますけど、来月また来てください」と言われて終わり。

靭帯のことは何も言われなかったので、一生つきあっていくしかないんだろうなー。
滑液包炎やったこと言いわすれてた・・・次行ったら話してみよう。
[PR]
# by aurola_thequeen | 2007-06-19 18:16 | about myself
「東京藝術大学創立120周年企画 パリへ―洋画家たち百年の夢~黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治から現代まで~」

芸大美術館に行って来ました。
同業者なんですが、ここもお役所ね~
いまどき閉館時間が17時までってないわよね~
おかげで午後半休ですよ。
ずいぶんきれいになっていました。
職員の皆様は常勤なのだろうか?それとも派遣さんかしら。
芸大にある作品を追っていくだけで日本洋画史の勉強ができてしまうというくらい、いろんな所蔵品があるので、たまに行くとなかなか面白いのです。
黒田清輝の「湖畔」のような、美術の教科書に載っているような絵、
明治の昔、油絵を学びに行った後の巨匠たちから、現在パリに住み、前衛芸術を作っている方々まで、興味深い展示でした(しかし、グロ画像があるなら前振りしてほしかった・・・)
フジタの「私の夢」「姉妹」の絵の前でしばしたたずむ。やっぱフジタはいいです。
小磯良平(?)の戦争画があり、「無期限貸与作品」となっていた。
今回は出ていなかったけど、藤田嗣治展の戦争画もそうなっていたな・・

芸大美術館に行くならここにも行かなくては!

「フランス菓子 パティシェ・イナムラショウゾウ」


谷中霊園脇の桜並木にひっそりたたずむ小さなお店。(有名店ですが)
ドアマンのいるケーキ屋さんて初めてでした。
「ご予約は承っておりますか?」ときかれてびびる。
美しくかわいらしいスイーツを前に長考・・・・
悩みに悩んだ末、「上野のお山のモンブラン」と「日本酒のムース」をお買い上げ。
モンブランが特筆すべきおいしさ!!マロンペーストとバニラの粒が入ったカスタードクリームがとにかくうまい。大きくてちょっと食べごたえがあるけれど、甘ったるくなくておいしいです。
日本酒のムースも吟醸酒っぽい華やかな薫りがふわぁっと広がっておいしゅうございました。
途中、高いシェフ帽をかぶったパティシェが厨房から出てきて挨拶してくれた。
あれが稲村さんだったのかしらん?
これからは、芸大に寄ったらもれなくこちらにも行くことにします!
[PR]
# by aurola_thequeen | 2007-06-01 18:07 | museum arts

土曜の朝兼昼

だいぶ仕事が落ち着いてきました。
この時間に帰れるのってほんとありがたいです。和みます。
いろいろ書きたいのですが、まぁ日々の記録から。

a0028500_18445179.jpg


左から
ゆでキャベツに納豆とキムチを混ぜたやつ
サラダ
焼き鮭ほぐし
野菜たくさん味噌汁
雑穀米ごはん

生協からの野菜ボックスの整理をしながら作りました。ゆでるものは一つのおなべでどんどんゆでて冷ましてジプロックに入れて冷凍。きゅうりが豊作らしく7本も来てしまった。どないせいちゅうねん。(カッパでも飼うか?)葉付きにんじんが来たので、ゆでて灰汁を抜いてサラダにしてみた。いけます。
にんじんも3本あるし、どうしよう?(うさぎ飼うか?)レタスもドンと一玉あるから、しばらくサンドイッチ祭りだな。

ナスを素揚げしてタッパーに保存してあるのと、冷凍庫のおから入りミートソースで今日はペンネにします。大根サラダも作ろうかな。
ちょっと支度したらジムに行ってきます。
[PR]
# by aurola_thequeen | 2007-05-22 18:44 | daily meal

残業の代償?

a0028500_11335263.jpg

最近、職場を出るのは22時近いです。大仕事をしてまして、某所にデータを送って、返事を待って次の作業を進めて、エラーがなくなるまでそれを繰り返します。ひとつでも間違うと何人もの人が困るのでとても神経を使います。
送信先のサーバーが、1日に数回しかチェックをしないので、待っている時間がもったいないです。勤務時間はとっくに終わっているし、ちょっとデパートで用事を済ますことにしました。
ビオテルムのカウンターに寄って、ブースターとマッサージジェルを買ったら、サンプルたくさんと、誕生月なのでストールをもらいました。ついでにディズニーストアで買ったミニーちゃんのノートは、脱出計画をつづるのです。
ついに火曜日は徹夜作業となりました。仕事で徹夜は初めてです。23:30まで粘りましたが、サーバーにメンテナンスかかるのであきらめました。で、ラクーアでひと風呂浴びて、戻ってきてそのまま23時まで働きました。
仕事のストレスを吹き飛ばすには、外でおいしいランチを食べたり、合間にショッピング。帰ると疲れてぐったりです。大きい山は一つ越えましたが、山はまだいくつもあります。たぶん5月までこんな調子でしょう。
職場はレイアウト替えして、席が動きました。出入りも目立つし、PC画面も目立ちます。なんかの策略じゃないかなあ、これ……
[PR]
# by aurola_thequeen | 2007-03-02 11:33

最近のランチ

a0028500_8264683.jpg

お給料日直後の奮発ランチです。夜は飲み屋になる店で、ステーキカレーランチ1000円なり。これにコーヒーがつきます。男性向けだったようで、ちょっとガッツリしすぎました。でも、このあとの長い時間を乗り切るには、これくらいじゃないとダメかも?今日も22時まで頑張ります!
[PR]
# by aurola_thequeen | 2007-02-20 08:26

Waiting On A Friend

残業中でやんす。仕事とっくに秋田県。

ストーンズに"Waiting On A Friend"という名曲があります。
アルバム"TATOO YOU"収録。
曲もビデオも大好きです。ミックとキースの仲が危なかったとき、このビデオを繰り返し見て悲しんだファンは、きっと私だけではないでしょう。

女を待ってるんじゃなくて
友達を待ってるんだ
友達を ドアの前に佇んで

友達の少ない私は、「友達」という言葉を気軽に使えません。
少なくともリアルで会ったことのない人は、友達とは呼べません。
それで人を傷つけてしまったこともあります。

寂しがり屋の人間嫌い、アンビバレンツなのが私です。
中学生のような仲良し馴れ合いグループが嫌いなくせに、孤独なヤツと思われるのもイヤ。
なんというわがままでしょう。だから、友達が増えないんだよ(苦笑)

仲良くしてもらえるうちが華なのはよくわかっているのに、時に口から出るのは
「めんどくさい」「だるい」「うざい」(どんな友達にも言ってるわけではありません)

「・・・・あのねー、そーゆーこと言ってるから人が離れるんじゃないの?」
鍋をつつきながらハマさんがダメ出しをします。
「だってさぁー・・・・・・・・ 飽きない??」
「なんで飽きるの??楽しいじゃん」
メーテルのようなまつげをぱちぱちさせながら、ハマさんがきょとんとしました。
「アナちゃんさー、そういう、人間関係に対して冷淡すぎるところ、直した方がいんじゃない?」
「できねーよ今さら、この歳で」 八海山大吟醸をあおります。
「直していい人になっちゃったら、あたしじゃないじゃん!」酔っ払ったんでしょうか。
自分で何を言ってるんだかよくわからなくなってます(;・∀・)

「・・・そんなにつっぱらからなくてもさぁ~」ハマさんが鼻の穴から煙を出しました。
「思うんだけどさー、なんだかんだ言ってもアナちゃんは義理固いよ。」

・・・・・は???
義理固い??この私が?任侠映画じゃあるまいし。

「なんだそりゃ」「だってさぁ、」お猪口を持つとハマさんが注いでくれました。
「あいつバカじゃねーの、とかぶちぶち言いながら世話焼いてんじゃん」
・・・そんなことしてたっけ??
「なんであんなのとつきあってんだろ、あたしって人を見る目がないんだわ、とか罵詈雑言を吐いたすぐ後に、でも**してあげたら喜ぶかなぁ、とか言うのが、穴クオリティなんだよ」
ハマさんはにやりと笑います。
「そ、それはさぁ・・・友達になってくれた人なんだからさー、大事にした方が、いいじゃん?
生涯友人数、少なそうだし・・・」
「矛盾しとるがな」ハマさんは鍋の底から肉団子の最後の一個をつまみ出します。
「いやほら、うお座はアンビバレンツな人だからぁ~・・・・・・・」
旗色悪い。

「素直じゃないねぇー、君は」ハマさんにやにや。
「毒ばっか吐いてないでそう言えばいいじゃん。簡単でしょ」
「だーかーら、それをやったらあたしのアイデンティティは崩れちゃうの!」
酔いが回ってます。

時にめんどくさいこともあるけど、やっぱり大事なお友達。
今年はどんな出会いがあるのでしょうか。
あのビデオのミック・ジャガーのように、ぼーっと佇んでいたら、向こうから親友キースが笑顔でやってくるのでしょうか。
心のドアを開けて、恐れずに、くさらずに、待つことにします。
[PR]
# by aurola_thequeen | 2007-01-25 18:57 | about myself
ずいぶん間が空いてしまいました。
なんとか生きています。

年末年始は12/28~1/8まで、バシっと12連休休んでやる!という予定だったのですが
そんな呑気なことは言っていられないようで(苦笑)5日は出ることになってしまいました。
自主的に宿題(仕事)も持って帰ってきていますがまだ全然やってない・・・┐(´∇`)┌
ま、単純作業だからなんとかなるでしょ。

ふだん、昼間はほとんどwebにつなげられません。
ログインすらままならぬ状態です。
が、書きたいことはつのるばかり。苦しいです。
手帳や携帯電話のメモ機能でちまちま書くも送信するまでに至らず。嗚呼。

そんな状態でも見に来て下さる方がいるようで、申し訳ないです。
落ち着いてメールを差し上げたい方も何人もいます。
すみませんが、生暖かく見守ってください。

今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by aurola_thequeen | 2007-01-04 00:02

飲み屋の出会い

その飲み屋は家から徒歩2分のところにあります。
泥酔しても這って帰れる距離です。
カウンターが15席ほど、4人がけテーブルと6人がけテーブル1つずつのこじんまりしたお店。
もともと韓国系の焼き鳥屋だったのが板さんを入れ、イタリアンの修行をしたシェフを入れ、だいぶメニューが変わりました。お酒は何でも置いてあります。
私とハマさんはここが出来たときから通っていました。いまや、この店で最古参の常連です。
仕事帰りでご飯を作る気がないとき、ジム帰りに一杯引っ掛けたいとき、LIVE後の興奮さめやらぬとき、ここののれんをくぐります。下手すると二日三日、続けて通うことも。
オーナーが炭で焼く焼き鳥は香ばしく、板さんが出すお刺し身は新鮮で、焼酎のロックによく合います。その一方でビーフシチューや塩ラーメンがメニューに載っていたり・・・

10年近くかかって、お店で会えば挨拶する、おなじみさんもできました。
カウンターの隅っこの入り口に一番近い席にときどき座る、目を引く妙齢のお姉さまがいます。
オーナー夫人です。二人の子持ちとは思えないナイスバディ、ぱっと華やかな感じの美人です。隣の席に座ってビールを注文。ハマさんはDESTRUCTION、私はSLAYERのTシャツを着ていました。どう見てもスラッシャー夫婦です。今日の家族会議、議題は「LOUD PARK攻略法について」
「相変わらず激しいTシャツですねぇ~」と話しかけられました。「みんなよけますよ、あははは」
「私も昔、メタリカのコピーバンドやってて」・・・え?え?メタル者だったの?!
オーナー夫人こと、あやかさん。聞けば私たちより3つ年上。酒の勢いも手伝って、話題はいつのまにか本の話へ。
彼女は大変な読書家で、幅広くいろいろ読んでいる。本ヲタでスノビッシュな話題で盛り上がってしまった。「高校生くらいの頃って何読んでました?」「ブローティガンと太宰治」「太宰は私ダメだったわ~」「じゃ、三島ですか?それとも谷崎?」
「海外ものの翻訳ってへたくそなのに当たると頭にきますよね」「そうよね~誤訳なんかあるとサイアク」
本をあまり読まない(読むのが遅い)ハマさんとオーナーは横で( ゚Д゚)ポカーン・・・
「奥さん同士、似てますね・・・・」「性格そっくりかも・・・・酒も強いし」
「お互い、苦労しますね・・・」「ねぇ・・・・酒代かかるし・・・・」
男同士はしんみり盛り上がり、女同士はきゃいきゃいと杯を重ねる。

「ねー、ここに本持ってきて、お客さんみんなで読むのってどうかな?」と酒の勢いで出た一言にオーナー夫人が「まぁナイスアイディアよ!読書ノート作りましょう!」
名づけて「**文庫」(**は店の名前。)
いくつかルールを決めました。
持ってくるものは「本」に限る。借りたらノートに書く。きれいに読む。また貸し禁止。
さっそく私が持ってきたのは

「おしゃれの視線」 光野桃
「ゆる体操プログラム」
「できればムカつかずに生きたい」田口ランディ
「味方をふやす本」
「働くのがイヤな人のための本」
「長崎ぶらぶら節」なかにし礼


とても上で太宰だの三島だの言ってる人が持ってきたとは思えない分裂したラインナップだ(苦笑)ブックオフに売りに行こうと思ってた本たちなので、すぐ持ってこれた。
本気で棚を整理したらもっとあるだろうけど、お店を本で埋めても、ねぇ(;・∀・)

オーナー夫人が持ってきた中には、山本文緒の「眠れるラプンツェル」と、高村薫の「マークスの山」があった。「マークスの山」読みたいけど、そのためには「OUT」を読み終わらないと・・・
「あなたって学生時代の後輩みたいだわ。前から同じニオイがすると思ってたのよ」と言われてしまった。

うーむ。飲み屋でお友達が出来たのは久しぶりだ。しかも、「文庫」は実現してしまった。
「他のお客さんが手にとって行きましたよ」と板さんが教えてくれた。
一人客もけっこういるから、需要はあると思う。持って行かれても構わない本ばかりだし。
この店に行くのがまたまた楽しみになってまいりました。
仕事が忙しくて帰りの遅いハマさんを独りで待っててもこれなら退屈しなさそう。
3人目の本の提供者、カモン!щ(゚▽゚щ)
[PR]
# by aurola_thequeen | 2006-10-09 23:31 | books